ZF

概要

ZFは、世界約40カ国に拠点を持ちドライブラインとシャシー技術で世界をリードしています。 シャシー技術では、ZFはコンパクトカー(VWポロなど)からSUV(ダイムラーのMクラス、BMWのX5など)、小型バン(ダイムラースプリンター、VWクラフトなど)に至るまで、車両の前輪と後輪を含む完全なアクスルシステムを完備しています。

課題

車輪と本体の間の荷重軸受リンクとして、車軸は車輪と本体の間の全ての荷重とモーメントを伝達します。 これらの負荷とモーメントは、最初にエンジンによって生成された駆動力によって生じ、次に道路の凹凸と運転操作に起因します。
axle test

  • 当該車両のシャーシの完全なチューニング
  • 外部の影響に対する優れた応答
  • 体系的な軽量化による低バネ無質量化
  • 特別に設計されたコンポーネントにより、応答力の高い、寛容な取り扱い

実際の走行状態で測定された荷重時刻履歴を効率的に試験するために、ZF開発試験室の「SSP」(ロードシミュレータ試験リグ)とも呼ばれるHydropuls®アクスル試験リグを用いて最大精度で再現します。アクスル試験装置は、試験追跡上の試験に比べて試験時間を約20%短縮できるというメリットがあり、テストコースの代替が可能です。

ZFは、アクスル試験リグに対し長年の経験があります。 過去15年間にわたり、ドイツのDielingenサイトで蓄積されている重要な専門知識を現在中国の市場に向けて生かしています。

上海に新しい開発センターを設立し、ZFは中国・アジアでの開発力を拡張し、市場の具体的な課題に対し迅速に対処することができるようになりました。新しい開発センターにおける強調すべきポイントの1つは、Hydropuls®アクスル試験リグです。

2013年からZFシャーシシステムビジネスユニットで働いているPeng Sun氏は、アクスル試験リグのシニア試験エンジニアで試験機の中心的なユーザーです。

Peng氏と彼のチームにとって最も重要な側面は、今後15年間の市場の要件を満たすことを将来的に約束できるシステムを持つことでした。 Peng氏と彼のチームが特に役に立つと感じているインストロンのリグの特徴の1つは、アクティブダンピングシステム、サーボステアリング、または同様の電子制御シャシー機能を制御する統合された能力です。

「大きな課題は、電子インターフェースの完全な相互作用にあります。この種類の試験リグをその他メーカー製のものと比較したところ、インストロンは当社の要件に最も適したテクノロジーを持っています。また、優れた品質と優れたサービスとメンテナンスを提供する信頼できるパートナーとしてインストロンを所有する価値が高いと感じています。」
- Peng Sun氏