Realtest Logo

耐久性試験 と計測技術 研究所

 

概要

ドイツのブラウボイレンに本拠を置くRealtest GmbHは、高度な試験と計測技術を提供する独立系企業です。この企業は、試験依頼主の仕様に従って、コンポーネント、アセンブリ、および構造に関する実験的な疲労寿命の検証を行います。

Realtest Teamコンポーネントに作用する力学的荷重は実環境下で測定し、解析されました。このいわゆる「生データ」は、例えば、定義された時間にわたって測定された荷重、変形、および加速度を含みます。

コンポーネントと構造物の実験的耐久性の評価は、単軸荷重と多軸荷重のもとで行われます。変位制御された振動試験リグ、または単純なコンポーネント試験、荷重制御の試験リグがこの目的で使用されます。

試験室における試験の本質的な長所は、試験時間を大幅に短縮する能力にあります。これを達成するために、生データを解析し、荷重スペクトルから無破損荷重を除去します。試験周波数を調整することにより、合成荷重スペクトルが生成されます。

試験リグでは、サーボ油圧式のリニアアクチュエータまたは回転式アクチュエータがこれらのランダムな動的負荷をコンポーネントに導入するため、引き起こされる損傷は、実際の動作条件下でコンポーネントが曝される損傷と同等です。

「これらのソフトウェアモジュールを使用することで、実際の条件下で発生する荷重に可能な限り近づく試験室シミュレーション用の荷重シーケンスを開発し、可能な限り短時間で高精度で信頼性の高い結果を得ることができます。 Hydropuls®テクノロジーは、私たちの試験室で利用できる優れたツールを備えており、お客様の固有の課題に対応することができます。」

-Armin Tobuschat 博士

ソリューション

Instron Test MachineRealtestの所有者であるArmin Tobuschat博士と彼のチームは、コンポーネントの耐用年数を特徴付ける信頼性の高いデータを取得することを目的として、実験的耐久性試験の分野でお客様の特定の要件に合わせてカスタマイズされたコンセプトを開発しました。柔軟性の高い測定と試験システムを組み合わせた長年の経験により、Realtestは高性能でコスト効率の高いソリューションを提供します。試験室内での試験で使用するためにコンポーネントに作用する荷重を解析し、処理するために、Tobuschat博士と彼のチームは、完全に統合されたLMS(シーメンス)テクウェアモジュールを持つインストロンのRS Labsiteソフトウェアを活用しています。

一定の振幅荷重またはブロックプログラムまたは、ピークおよび谷の単一チャンネルシーケンスとの試験の場合、RealtestはインストロンのRS BasTestソフトウェア機能を使用します。テストコースで測定された荷重履歴を再現するために、RS TWRシミュレーションソフトウェアを活用しているのがTobuschat博士と彼のチームです。インストロンのソフトウェア機能は、さまざまな単軸および多軸の実働負荷シミュレーション試験を行うのに理想的です。